アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

増えている

掃除

映画化されたり、テレビドラマの影響もあって遺品整理に関連したサービスの認知度はこれまでになく高くなっています。
遺族の負担を精神的にも肉体的にも減じてくれるこれらのサービスは利用者も増加しており、それに伴い他業種から参入してサービスを提供する業者も多く見られ、競合する例が多数見られます。
遺品整理に関連したサービスとしては、遺品の整理そのものを目的として不用品回収業者やリサイクル業者、更に便利屋も多く参入しています。
これらの業者の特徴として既に不用品の廃棄、リサイクルルートを確保していることが挙げられます。
不用品の取り扱いに関するノウハウが既にあるため、参入後にすぐに事業を軌道に乗せやすく、多数の業者が参入しています。
またハウスクリーニング業者も同様に参入しているところが見られます。
ハウスクリーニングサービスは、遺品の片付けに伴う清掃業務も得意とするため、こちらも自社が積み上げたノウハウを活かしやすい利点があります。
このような状況から競合する業者が多数存在するのが、遺品の整理に関連したサービスの現状です。

依頼によって

人それぞれ暮らし方、生き方がある以上、遺品整理に関連したサービスもその料金傾向は個別の事案ごとに大きく異なってきます。
それは故人の亡くなった状況や、家財道具の量、種類や家の大きさなど多くのファクターが関係しています。
例えば特殊清掃は故人が亡くなった時に、家が汚れてしまった時になどに依頼をするサービスですが、その料金は故人の亡くなった現場の状況で料金が変化します。
またハウスクリーニングも同様です。
遺品の整理に伴って清掃が必要となりますが、故人が一人暮らしで賃貸を引き払うといった場合は部屋全てを清掃依頼することが多くなります。
その場合はやはり料金は高めになりますし、故人が住んでいた一部屋だけを清掃依頼したい場合はその分料金も安くなる傾向があります。
更に遺品の片付けは遺品整理の専門業者に依頼することもできます。
家財の引き取りから、形見分けの手伝い、部屋の清掃まで一括して行なってもらうことができます。
その場合でもやはり部屋の広さや家財の多さが料金を決定します。